« と、止まらね〜(^^;) | トップページ | 西日本周遊ツーリング2 »

西日本周遊ツーリング1

はじめてのロングツーリングと呼べそうなのがこの旅。
夜7時に東京を出発して、国道246、そして国道1号をひたすら西へ。名古屋を過ぎてから南下して、津、松阪と経由して南紀を目指す。
自分のロングツーリングのスタイルは、これ以降ずーっとこんな感じだった。
とにかく夜に距離を稼ぐ。朝には目的地に可能な限り近づいて、初日はそのまま夜まで走りまくる。
若くなきゃできないモーレツさだね。

c01
そんな無茶は今ではもう無理だと思うんだけど、未だに変わらないのがこれ。お天気運の悪さだ。ロングツーリングっていうと、とにかく初日は雨に見舞われる。
確率は……イチローの打率より高いことだけは確かだろう。
当時は今ほどコンビニも多くなく、夜中の国道は「なんで俺、こんなとこ走ってんだろうなぁ……」と思わせるに十分な寂しさだ。

c02
だけれどそんな気の迷いも日が昇るまでの話。
辺りが見渡せるようになる頃には、これから先の旅の組み立ててで頭がいっぱいになっている。
これは多分、熊野辺りの海岸線かな。
ようやく雨脚も弱まってきた。お楽しみはこれからだ。

そうそう、この度に先立って、このバイクには当時珍しかったカウリングを装着した。町田にあったFRP加工屋さん(名前失念)製のオリジナル。MBX50のウインドシールドがうまく流用され、ジャストフィットしててカッコイイ!(自画自賛)

c03
このカウル、防風効果もなかなかで、長距離走行の疲れを確実に減らしてくれた。
同じパーツをつけたXLRには、お目にかかったことなかったなぁ。。。

そんなXLRと熊野川沿いで一息。
この辺りは絶景と、キャンプ心をそそるナイスな河原が続くんだけど、国立公園内につきキャンプ場以外でのキャンプは禁止。残念!

c04
那智勝浦に近づくと、あまりの海の雄大さに、ついついガラにもなく『彼のオートバイ彼女の島』ごっことか始めたくなったりして。

c05
今や世界遺産へとのぼりつめた熊野古道にもガシガシ踏み込もうとする極悪ぶり。ごめんなさい。(T-T)
このときは太地に2泊。熊野・勝浦・太地付近を満喫して、その後はいよいよ四国へGOだ(続く)

|

« と、止まらね〜(^^;) | トップページ | 西日本周遊ツーリング2 »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39950/2585269

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本周遊ツーリング1:

« と、止まらね〜(^^;) | トップページ | 西日本周遊ツーリング2 »