« VERISA小物考 | トップページ | VERISAリンク集、ちょんもり始めました。 »

マスコットにも人権を!

唐突な見出しで恐縮だが、そんな主張に目がとまった。

北海道に本拠地を移転した日本ハムファイターズ。新庄の話題はあったものの、その後は、パ・リーグ自体の存亡に関わる話題ばかりが目に付いて、ファイターズに限らず個々のチームが話題に上ることがすっかり少なくなった。

そんなファイターズのチームマスコットが「B・B」こと、ブリスキー・ザ・ベアーだ。この手のマスコットには珍しく、かなりスマートなプロポーションを持つB・Bだが、見た目に違わず、人気番組『トリビアの泉』で、各球団のマスコットが駿足を競った際には見事優勝の栄誉に輝いた。

そんなB・Bが、球団のホームページに連載しているコラムが『B・Bダイアリー』。球団とファンの間を結ぶ架け橋として奮闘するB・Bの熱い思いが読める、なかなか楽しい読み物なのだが、奇しくもボクの誕生日(8/23)に掲載された記事にはB・Bの哀切なる訴えがめんめんと綴られていたのだ。

詳しくは記事を読んでいただきたいのだけれど、要は近年、マスコットを狙ったイタズラがエスカレートし、往々にしてそれが暴力に等しいものになっていること、そして、その犯人が子どもだけでなく、いい年の大人たちであるということらしい。

B・Bは言う。
「どうしてこうも、イタズラをしてくる人が多いんでしょうか?そういう人達って、僕らマスコットがいつでも笑顔で無抵抗な存在だと思ってるんじゃないでしょうか?」
「僕たちだって、イヤな事をされればイヤな気持ちになるんです!」

事はマスコットにとどまらない。増加に転じたと報じられて問題になっている学校での暴力の問題も、相手の気持ちに思いを致せず、無抵抗さを暴力の承認だと思い込む未熟なココロから来ているように思われてならない。

B・Bに心ないイタズラをするのが、子どもだけでなく大人に及んでいることに、空寒い気持ちを覚えるのはボクだけだろうか。もはや問題は「子ども」や「しつけ」の範疇に収まらない。叱る者のない未熟なイキモノたちが、もう世の中の真ん中を歩き始めているのだ。

ヤバイぜ、この国。

|

« VERISA小物考 | トップページ | VERISAリンク集、ちょんもり始めました。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39950/1326479

この記事へのトラックバック一覧です: マスコットにも人権を!:

» 「マスコットにも人権」 日ハムのB・Bが訴える [Recht-Law-Droit]
ソースはこちら。  プロ野球、北海道日本ハムファイターズのマスコット「ブリスキー・ザ・ベアー」(愛称B・B)が、球団の公式ホームページの書き下ろしコラムで... [続きを読む]

受信: 2004/09/04 06:47

« VERISA小物考 | トップページ | VERISAリンク集、ちょんもり始めました。 »